2006年06月04日

子犬のシャンプー



今月も行ってきました
愛玩動物センターにいる譲渡会に出る
犬(足)子犬のシャンプー犬(足)
子犬8+成犬2ワンがキレイになりましたぴかぴか(新しい)

今までセンターで去勢・避妊手術をしてから
譲渡していた子犬ちゃん達
今日シャンプーした子犬はどの子も
手術後がありませんでした
4月からセンターでは手術をしない方針になり
もらい手側の条件として去勢・避妊手術をし
ワン子を迎える方に決まったそうです
(経費削減かっ?)

一番最後にシャンプーしたダックスちゃん
この子は松山市に保護されたようで
今日センター来たばっかりでした
本来なら収容所に送られるところ
「何とか譲渡会に出せないか?」と
管理士会の1人が掛け合ってくれました
センターの人が「1週間様子をみましょう」と
いうところを「1ヶ月!!」と交渉してくれた
○○さん、ありがとうございました

ダックスにしては小ぶりでお顔も可愛く
とても人に慣れていて、まだ若そうな男の子
後足の間接が少し悪い感じで歩いてます
ただ、どこでどのように保護されたのか
分かりませんが、とってもクチャィ顔(汗)
シャンプーの泡も茶色なるほど汚れてました
でもとっても大人しくウンともスンとも言いません
始終オリコウサンでしたるんるん

ドライング最中に気づいたのですが
睾丸が腫れていて触るとキャインと泣きます
痛いんでしょうね。。。

04-6-06-2.jpg
ドライング後は毛並みも(゜∇^d) グッ!!


お次は手術の交渉です!!

右右右右右

またも○○さんの粘り強い交渉のおかげで
るんるん手術OKるんるんが出ました

譲渡会に出せるかどうかは獣医の診断&
センター職員の考えで左右されると思います
一瞬、希望が見えたダックスちゃん
リスクを承知の上で家族に迎え入れて
くれる事は難しいのかもしれませんたらーっ(汗)
中途半端な同情はさらに辛い現実となる事もあります

参加したメンバーみんなが
新しい飼い主さんが見つかる事を願っているョ
来月会おうね〜♪


先月の譲渡会結果



オマケ

ニックネーム ちゅき at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 愛玩動物管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

ヤギさん、(/´△`\)ヤメテー!!

先日の日曜日センターへ子犬のシャンプーに行った
今回は5名で11頭の犬(笑)の体を洗う
短毛の子がほとんどで毛質によって乾きにくい子がいたり
ドライヤーが嫌いな子に少し手間取ったりしたが
予定時間より30分以上も早く片付けまで終わる事ができた
管理士会のシャンプーボランティア活動も今年の夏に1年経つようで
段取りや作業手順も要領良くなったんだね〜わーい(嬉しい顔)と話していたのを耳にしたるんるん
今後もドンドン参加するぞぉ(-ω☆)キラリ

ボランティア活動”とは何ぞや?と思う点があり調べてみた
(こんな時パソコンネットは便利だニャ〜犬(足)

災害ボランティア ・盲導犬 ・海外活動 etc・・・

多種多様かなりの数ヒットする!
中でも気になったのが森林ボランティア

地球環境が深刻化する現代。近代化・産業文化が発展する世の中で
海岸の埋め立てや護岸工事で大量の土砂が流れ込み地形も変化している
ゴミが流れ出し工業用水にしても循環装置を通って海に排出しても
100%キレイな水が流れ出すことはまずない!!
温暖化が進み海水面の上昇で沈み行く島もあるたらーっ(汗)
用地を広げたり人工増加による生活燃料の為、木々の伐採により
森林面積が低下し森に住む動物の生活圏まで奪っている

この状況を目にすると人間はこの世で一番悪なのか?!と思いたくもなる
破壊する者と守ろうとする者・戻そうとする者。。。

森は私達が排出する二酸化炭素を吸収し酸素を排出する循環の役目も担っていて
肥沃な栄養分を含んだ水を海まで運び豊かな生命を生む結果となる

ぴかぴか(新しい)・・・素晴らしい・・・ぴかぴか(新しい)

死んだ森を取り戻すのに最低50年以上かかるといわれます
今からでも遅くないぞっ





話しは大幅にズレてしまったダッシュ(走り出すさま)本題に戻しましょっ (・・*)ゞ

さてさてセンターには犬の他にモルモットやウサギ・羊・ヤギがいる
ちょっとした動物園感覚?(笑)ヤギと羊が同じ部屋にいた

あなた達もシャンプーしないといけないね〜(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
なんて大笑いしながら見学したのだが・・・
羊1頭に対してヤギ2頭。縄張り争いでもしてるのか?
羊に突進どんっ(衝撃)頭突きどんっ(衝撃)するヤギ達exclamation×2

421-06.jpg

羊はたらーっ(汗)うぅぅぅたらーっ(汗)と悲しそうな声を出し逃げ回っている

かばいそう(可哀想)

顔(泣) 顔(泣) 顔(泣) 顔(泣) 顔(泣) 顔(泣) 

大自然に住む動物は強いものが勝者。食うか食われるか弱肉強食の世界だっ
が、ここは自然界ではないぞexclamation×2
同じ草食動物とはいえ別の部屋にしてあげて欲しい。。。


センターについた時点で雨土砂降りだったもの晴れに変わり・・・
帰宅途中の道沿いには桜並木がズラズラりんるんるん
夕日が差して少しオレンジ色に染まってました

422-06.jpg

赤信号で停車中カメラ



個人的に思う・・・
ニックネーム ちゅき at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 愛玩動物管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

SOS



お友達のlily'sさんより知らせが参りました

霧霧霧霧霧霧霧霧霧霧

SOS

長野県軽井沢にて300匹もの
犬達が助けを求めています。
地元ではニュースや新聞にも載りました。。。
現在佐久保健所に70匹ほどの犬達が
収容されています!
純血種、純血種同士の小・中型ミックス犬が
ほとんどのようです。


ひらめき緊急レスキューひらめき

上に詳しく掲載してます
すこしでも多くの方に見てもらいたいです
よろしくお願いします

BY−lily's

霧霧霧霧霧霧霧霧霧霧



お願いします

<(_ _)>


BYーちゅき



ニックネーム ちゅき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛玩動物管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

助かる命:愛玩動物編

カテゴリーに愛玩動物飼養管理士を設けました

お気づきの方・・・かなりbowwowマニア(笑)

☆興味本位でも読んでくれたら嬉しいです☆続きを読む
ニックネーム ちゅき at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 愛玩動物管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

小さな命が消えてゆく:愛玩動物編

☆今日は内容が重いです。見たい方だけ見てね☆


続きを読む
ニックネーム ちゅき at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 愛玩動物管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

勉強会

☆昨年受けた愛玩動物飼養管理士2級に続き2005年12月、1級に挑戦しました☆


昨年末、一通の葉書が届いた

愛玩動物飼養管理士会から「犬のしつけと飼育相談勉強会」のお知らせ
講師:(社)日本愛玩動物教会理事・千葉県愛玩動物飼養管理士会事務局長を勤める川岸恵子氏
日時:平成18年1月29日。定員は先着順!

この時点では1級試験の前だったので「落ちるかも」と頭をよぎったが新しい年の出発として参加希望を連絡した
そして、今月19日に合格通知が届きホッとして今日の勉強会に参加できた
( ̄▽ ̄)V

とても分かりやすく楽しい講義内容で今後、愛媛県管理士会から発信していく為のアドバイスをいただいたり一人一人の管理士としての接し方等、意見を述べ合ったりと実に充実した時間だった

勉強してみようと思ったきっかけは、COOをはじめワンコが増えていくごとにもっと楽しく共存する為に何か勉強する手立てはないか?と当時お世話になっていたトリマーさんに相談したところ教えてもらったのがこの資格
学校へ通わずに自宅で勉強できるところが好都合。それからすぐに資料を取り寄せ受けることに!
※通信教育で課題を提出プラス期間内に1日だけ講習日に出席しないと試験は受けれない

ペットブームの激化のおかげ?で、ショップやカフェ等ペットも一緒に出かけるお店も増えたが一見充実したように見えても一方では散歩中のマナー(ノーリード・トイレのしまつ等)でさえ守れない飼い主もいる
動物が苦手な人も集まる公共の場
些細なことのようだが当たり前の事が出来ないから小さな公園でさえワンコ連れはNG!と規制も厳しくなり散歩のコースも狭まった
各家庭の飼育状況もそれぞれ違い我が子同様に育てられる子もいれば悲しい現実も耳にすることが多くなる。飼育状況が法律に反する事も。。。

挙げればキリがない!

私も「うちの子は可愛い♪」と親バカちゃんの1人(>_<)
反省し見直さなければならないところはたくさんある
ペットブームに乗った1人だしね〜(笑)

これからペットを家族の一員に迎えようとする方や、犬・猫に限らず動物は温かいんだョって1人でも多くの方に伝えていけたら良いと思う

ニックネーム ちゅき at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛玩動物管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする